今年も、庭の杏に花が咲きました。

思えば10年前、この家が完成してから、ホームセンターで買ってきた杏。

建物のキワは良くないな、とか思いながら、

まぁ、根っこが家を押し上げるのも悪くない、という事で、

結局建物のすぐキワに植えた杏。


今から1ヶ月後、我々一家は、もうここにはいない。

次のオーナーに、きちんと伝えておかねばなるまい。


思えば10年など、あっという間だった。

30才だった自分は40才になり、

0才だった長男は10才になり、

次男ができ、金魚やカブトムシと過ごしたりして、今は犬までいる。


うちは中庭があって、外との繋がりが希薄な分、

この庭が、ご近所さんとのコミュニケーションだったり、守ってくれたり、

くらいに思っていた。

その間ずっと、杏もそこにいてくれた。


シンボルツリーはなんとなく、コナラという事になっているが、

この季節、キレイなピンクの花を咲かせた時だけは、

どう見ても、メインは杏である。

グレーの壁がキャンバスのようになり、一層ピンクが映えるのだ。


我々一家はもう少しでいなくなるけど、

次の一家に可愛がってもらいなよ~。

自分はその家族と仲良くなって、ちょくちょく様子を見に来るつもり満々だ。

なにせ、自分の実家から3軒隣なのだ。


いよいよ3月になった。

引っ越しの準備は、まぁまぁのペースだろうか。

花粉を除いて、春は色んな変化があって、とても良い季節だ。


この花が散る頃、みんなの状況はその分、変化している。

そして来年の開花時期、更にどうなっているのだろうか。

不安より、期待の方がはるかに大きい。

それはきっと、買い主さんも同じだろうと願いたい。