犬と米



相変わらず毎日、愛犬の麦と散歩をしている。

犬を飼って良かったなぁ、と思うことの一つが、

季節の変化を体で感じられること。


麦がうちに来た頃、まだこの辺りは寒々しい感じだった。

そこに、お米の苗が植えられ、水が張られ、だんだんと成長していく過程を見る日々。

日に日に苗は成長していき、ついには緑の絨毯となった。


本当にキレイだなぁ、と感じたのも束の間、

お、今度は稲が見えてきた!

田んぼによってその種類が違っているようで、

小さい方には稲が付いているのに、大きい方には見えないなぁ、とか。

数日後、大きい方にも見えてきた!とか。


たぶん、これらは日本酒には向かないお米なのだろうな。

農家の人がいたら、どれがどの品種なのか聞いてみたいが、

なんとなく、フレンドリーな感じの農家の人にはなかなか出会えない。


そういえば、雄町米はどの辺りで実っているのだろうか。

山田錦とか、どんな形をしているのだろう。

日本酒は、飲むばかりだったのだけど、そういう事も気になってきた。


お米は糖質が多くてどうのこうの、とか聞いたりするけど、

美味しいものを美味しく食べる。それで良いと思うのだ。

考えるな、感じろ。だ。


そして、農家の方々が頻繁に田んぼに出向く姿を垣間見ていて、

素直にありがとう、と感じるし、

こんな景観の中を散歩できることに、結構幸せを感じている。


海が見える所に住みたいのだ、とか思い続けてきたのだけど、

見方によっては、これもお米の海ではないか、と自分に言い聞かせてみる。

しかも、季節によって劇的に様相が変わっていくのだ。


生きていることを、ダイレクトに感じられる。

そんな中を、犬とともに歩く日々。

しばらくは、犬とお米に縁がありそうだ。


アイラブ ドッグ&ライス。

 

Copyright ©内田建築デザイン事務所. All Rights Reserved.