日本酒


日本酒が好きなんです。

ひょんな事から、その美味しさに気付いてしまって、、

もう、あなたの虜です。


色んなお酒を飲んで、呑まれて、最近やっと分かってきたのは、

自分はどうやら、ビール、ワイン、ブランデー、そして日本酒の部類が好きそうだ、という事。

あまり共通点が無いように思われる方は、まだまだお酒リテラシーが低いかもしれない。

かといって自分も、やっぱ高価なお酒が良いとは思わない。

コスパ良く、数値でどうのこうの、ではない部分で、『あ、美味しい。』というお酒が良いのだ、と思う。


そういう意味で、日本酒は本当に最強なんじゃないかと思う。

これだけ複雑な製法でいながら、ワインと比にならないほど安い。

日本酒嫌いな方は、美味しい日本酒を飲んだことが無いんじゃないか?と思うくらい。

そして、今夜は秋田と和歌山の日本酒を比べてみる。

味は山本。コスパは断然、紀土(キッド)。

2つ並べてみると、お?山本KIDだ。


男なら誰しも、腕力こそ全てだ、と勘違いする時期がある。

少なくとも、自分が多感な時期は、そう考えていた。

ほんの少し、格闘技に没頭した時期もあるくらい。


今は亡き山本KID。

あんな生き方、無条件に憧れる。

けど、あなたのような生き方を貫けるほど、自分に度胸は無かった。


今、学生に伝えたいのは、自分はさておき、

『腕力よりも、頭を使え。』だ。

実際自分も、なんとなくそう考え方が変わってきた。


毎週木曜は、専門学校で非常勤講師をしている。

学校と生徒さん達には内緒だが、自分の中で木曜は、『休日』以外のなにものでも無いのだ。

それくらい、なんと言うか、楽なのだ。

そして帰りには高い頻度で、酒屋で日本酒を買って帰る。


さて、我々にとって、お酒とはなんなのか?

適量とか、1口でも毒だとか、アル中だとか、ネガティブな発想もあれば、

リラックスとか、この為に頑張ってる!とか、ポジティブな考え方もある。

好きなのだ。良い面を見ていれば良いんじゃないか、と思って疑わない。


なんでも、『過ぎたるは及ばざるが如し。』だろう。

同業の建築家の方々と話していて、あぁ、みんな、どっぷり浸かりすぎてしまったのだな、と感じる時がある。

同時に、それくらいが良い、とか思うのだ。


これからどんどん寒くなる。

そんな時、飲みたくなるのは日本酒でしょ!

『酒は純米、燗ならなお良し。』

毎日、熱燗を一口は飲みたいのだ。


日本酒に興味を持った方、ぜひ一緒にやりましょう♪

 

Copyright ©内田建築デザイン事務所. All Rights Reserved.