ワンデーの結果


先日、ワンデーエクササイズの本番に足を運んできました。

日々頑張って作った作品は、どんな評価を受けるのだろうか。


自分には何もできないけど、もしかしたら何か手伝える事もあるかもしれない。という気持ちと、

来年のワンデーに向けて、課題も探っておきたい。


結論から言うと、明確な順位というものがあるわけでは無いのだけど、

まぁ、この写真の作品が一番良くて、16チーム中4位。という感じ。

審査員長が面白がってくれていただけに、もしかしたら?という期待をみんな感じていた。

からの、4位で呼ばれた時の落胆の空気。。


あとで皆で振り返ってみて、

まだ詰めが甘かったかな、もっとやれる事があったかな。と。

自分も、指導する立場として、沢山の課題を明確に見つけた気がする。

なので、これは来年のコンペに繋げたいなと、強く感じたのでした。


それと全員に、『この負けをバネにして。』というような事を伝えた。

どんな道に進もうが、この経験は必ず糧になるのだ。

学校のせい、先生のせい、審査員長のせいなどと、誰かのせいにして逃げるのではなくて、

どうやったら勝てたのか、次はどうするのか。

実社会に出ても、似たような場面に遭遇することもあるだろう。

前向きに、腐らず、信じるものに向かってほしい。

それは自分が教えた生徒さんだけでなく、他校の生徒さんに向けても言いたいことだ。


頑張って挑戦して、前のめりに倒れ、ショックを受け、泣いて笑って。

みんな、物凄く成長したなぁ、と感じた。

同時に自分も、学ぶものが多く、楽しませてもらってワクワクして、

老けてみられる割りには『なんか痩せた?』とか、『若く見える。』とか言われるようになった。


正直、非常勤講師なんて、と思っていたけれど、

こんなに楽しいなんて、思ってもみなかった。

だから、もうちょっと足を突っ込んでみよう、と考えている。


今、自分の座右の銘は、『お金の為に働いたら負け』である。

人間は、精神的にツマラナイことが、最も毒だと思う。

そしてそのストレスが、色んな病気を引き起こすのだ。たぶん。

自分が好きな事に没頭し、まぁそこそこ不自由なく行きていけたらOKなのだ。


前にも綴ったが、今の自分が好きなことは、社会貢献なのだ。

自分の事だけを考えている老人。

金儲けだけを考えている中年。

そんなのは勿体ないな、と思う。


俺は何かでかいことをやる!という男子はOKだ。

可愛く見られたいだけの女子もOKだ。


きれい事でいい。

世の中は美しいのだ。


今回のコンペから、色んなことを学ばせてもらった。

今更ながら、建築の面白さを再認識させてもらったのだ。

 

Copyright ©内田建築デザイン事務所. All Rights Reserved.