ひとまず落ち着いた感じ



子供たち、ついに田舎の小学校に登校です。

この辺りは、年に数回ではあるものの、熊の目撃情報があるらしく、

ランドセルに熊よけを付けて、カランカランと結構大きな音を立てて歩く。


徒歩5分ほどの所に、バスが迎えに来てくれるので、

それに乗って学校まで行く。

車だと5分くらいで到着する小学校も、妻が小学生の頃は徒歩で通っていたらしく、

片道1時間?くらいかかったらしい。


西粟倉村での生活は、インターネット開通が5月末になると聞いて絶望だったのだけど、

突如早まって、あと4日で開通することになった。

インターネットが無い生活にも慣れて来た頃の知らせだったけど、

ふつふつと喜びが湧き上がってくる感がある。


それもそのはず。

自分の仕事は、インターネットが無ければ始まらない。

子供達のゲームも、インターネット必須。

妻のYou Tubeも、みんなのプライムビデオもなにもかも。

家族全員、今から楽しみでならないのだ。


そして、こちらでの人付き合いは、すごく自然だ。

積極的に出掛けてはいないものの、ご近所さんと一緒にお酒を飲むようになるまで、

さほど時間はかからなかった。

話せば何となく、似通った感じがする人が多い、ような気がしている。


子供たちもすんなり小学校に馴染めたようだし、

とりあえずはカタチになったな、と。


次はアトリエを拵えたいが、

候補の建物が2つあって、どっちを使おうか迷っている。

まぁ、あまり頭で考えず、自然に収まる場所にしようと思っているが。

そういえば最近、合理的にばかり考えなくなった。

自然に任せる、と思う事が多くなったように思う。


人は、環境によって大きく変わると聞いたことがある。

住まう場所を変えて、我々家族は、本当に大きく変わった。

そしてその変化を楽しんでいる。


忙しいこともあるけれど、

その一つ一つが新鮮で、しっかりと噛み締めているのだ。

水が美味しく、渋滞と無縁で、思った以上にみんなフレンドリー。

下水道100%設置の、ちょっと変わった村での生活だ。